AWS/OpsWorks

AWS OpsWorksでアプリケーションライフサイクルを自動管理

AWS OpsWorks は、すべてのアプリケーションライフサイクルの管理に対する統一された操作性を特徴としています。管理の対象にはリソースのプロビジョニング、設定管理、アプリケーションのデプロイ、ソフトウェア更新、モニタリング、アクセスコントロールなどがあります。AWSの機能を組み合わせて利用することで色々な自動化を実現しています。

AWS x Opscode Chef

AWS-x-Opscode-Chef

OpsWorksはAWSの各種サービスの組み合わせとOpscode Chefを用いてプラットフォームおよびアプリケーションデプロイを管理することで自動化を実現しています。

  • EC2 (Instances, EBS, Security Groups, Elastic IP, ELB )
  • AIM
  • CloudWatch

静的Webページの配信と、各種言語アプリケーションに対応

静的Webページの配信と、各種言語アプリケーションに対応

AWS OpsWorksは標準で静的Webページや、各種言語で作成されたアプリケーションをデプロイしてサービスをすぐに開始することができます。
コードベースリポジトリとの連携により任意のバージョンをデプロイする仕組みを備えており、ロールバックにも対応します。

  • Static WebPage(html)
  • Ruby on Rails
  • Node.js
  • PHP

アプリケーションのコードベースリポジトリは選択可能

アプリケーション

アプリケーションのコード管理はは既存のリポジトリをそのまま流用することができます。認証方法を指定することでプライベートリポジトリにも柔軟に対応します。

  • git 対応サービス (github, bitbucket, backlog, etc..)
  • subversion 対応サービス
  • HTTP ベースで配信される Zipファイル
  • S3 上の Zip ファイル